デンパサール

You are here: Home  > デンパサール
北の市場という意味の名前を持つデンパサール。バリ州の州都であり、ローカルの人々で賑わうエリアです。バリ州が設置された当初はシガラジャが州都でしたが1960年にデンパサールが州都となりました。デンパサールのレノン地区には整備された官庁街があり、その横には、デンパサールの中心地である広大なププタン広場があり週末にはイベントが盛んに行われています。バドゥン川の東側にはバリ島で一番大きなバサール市場があり香辛料などが所狭しと積み上げられていて、ローカルの人々で朝は大変混雑しています。また、デンパサールの鳥市場には、ペットショップが建ち並び、鳥以外にも様々な種類の生き物が売られています。

Showing 0 from 0 Items