出発までの準備と手続き


パスポートの残存期間の確認

パスポートの有効期間が6ヶ月以上残っていること。 パスポートの査証( ビザ )欄に見開き3ページ以上の空白ページがあること。 復路または第三国行きの航空券を所持していること ( 帰りのチケットを持っていること )


航空券の手配

航空券の手配

ある程度お金に余裕があって海外旅行する人、出費を抑えて海外で見聞を広めたい人など、旅行者にはいろいろなタイプがある。

お金にある程度余裕がある人は自分の希望に見合ったパッケージツアーを探すのもいいだろう。時間はかっても、できるだけ費用を安く収めたい人はインターネットで格安航空券を見つけることが先決。運がよければ、30,000円程度で宣伝キャンペーン中の往復航空券を取得できるかもしれない。

主な航空会社はインドネシア・ガルーダ航空、コンチネンタル・ミクロネシア航空、シンガポール航空、エア・アジア航空などがある。バリ~日本を直航できるのはガルーダ、それ以外はどこかの国で乗り換えして、バリへやってくることになる。どの飛行機を選ぶかはあなた次第。一般的なバリ旅行は4泊6 日間の日程。最近は8日間など長い日程も人気がでている。


宿泊先の手配

「安くバリ島旅行がしたい」「人気のヴィラに泊まりたい」などニーズは様々。バリ島にはビーチや山の中など、環境が異なる地域に高級ホテルから安いローカル向けの宿まで様々な宿泊先がある。自分の日程、予算、目的に合ったホテルを選択しよう。

ホテル予約は本アプリからもできる。アプリに掲載されていないホテルでも希望を伝えれば責任をもって探してくれる。本アプリからの手配は日本を介さず、直接バリ島現地での調整なので仲介マージンを圧縮できる。日本の旅行会社で予約するより低い価格を提示してくれるはず。


観光ツアー、スパなどの手配

観光ツアー、スパなどの手配

ホテルでのんびり過ごすのもいいが、折角バリ島に行くなら「充実した旅行にしたい」という方も多いことだろう。バリ島には見所がたくさんあるので、本サイトを参考に観光名所をまわってみるのもいい。

また、人気のスパやアクテビィティは、数ヶ月前に予約しても取れない場合があるので、スケジュールが決まったら早めに予約をしたほうが確実。人気のホテルやヴィラも同様。欧米の観光客は休暇が長く予定が早めに決まるので早めに予約するようだ。


観光ヴィザの代金はドルを用意すること。

観光ヴィザの代金はドルを用意すること。

バリ島に到着後、観光ビザを取得するため一人USドルで25$が必要。出国の際、日本の空港で25ドルを両替しとくと良い。

日本円やクレジットカード( VISAまたはMASTER )現地通貨ルピアも支払いに使えますが、バリ島に到着すると大変混み合う場合が多いので事前に米国ドル紙幣で用意すると手続きは簡単。用意していないと時間もかかるし手続きにへとへとになるはず。

なお、観光ビザで最長60日間バリ島に滞在できる。30日を越えて長期滞在する場合は、最初の観光ビザが切れるまでに、デンパサール又はトゥバンにある出入国管理局の指定窓口に延長手続きの申請をする。手続きが面倒な方は、本サイトの問い合わせから申請代行の依頼ができないか相談すれば良い。

Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です