top_b_002

レベルアップの楽しみ「中級~上級編」

Bow’s Surf代表の杉本です。

サーフィンには、ボードの上に立ち上がり波に乗れるようになってからも、次のステージ、さらにその次のステージへと、レベルアップしていく楽しみがあります。

今回は、「中級~上級編」をお届けしたいと思います。

前回「初級編」では、サーフボードで沖に出るところまでお話しました。

そこから中級レベルになると、沖で波を捕まえられるようになるまでが、ひと頑張り。

さらに、「フェイス」と呼ばれる、波の斜面を滑るまで、もうひと頑張りです。

 

それまで、波がブレイクして泡状になった「スープ」がボードに当たって、ボードが岸に向かって走り出したら、自分の体制が整ってから立つ、という動きだったのが、「波のフェイスを滑る」ということになると、波が崩れる(ブレイクする)寸前のところでボードに立つことになります。

背後から迫ってくる波。そのうねりが崩れる手前のところでパドリングを始め、うねりがせり上がって「もう崩れる!」という寸前で、波とパドリングの速度が合致したら、ボードがフェイスの上を滑り出します。

その、波がまさに崩れる瞬間に、一瞬のうちに立たないと、グズグズしていたら置いていかれます。

波とのタイミングが、スープとフェイスとでは全く違います。

波のブレイクと、自分のパドリングのスピードを合わせられるようになるまでには、結構時間がかかります。

何度も何度も、ひたすらチャレンジあるのみです。

うねりが来る→パドリングをする→波の向き、自分と波の距離、波がブレイクする場所、自分のパドリングのスピードを合わせる…。

それらを頭の中で計算し、テイクオフできるポイントを予測でき、次第にパドリング力がついて、やっと波をつかめるようになるのです。

Surfing_logo1

CSC_0778

この時期が、中級者の大きな壁になります。

1日中入っていて1本も乗れない日が続くかもしれません。

しかし、この壁を乗り越えると、あの、初めて波に乗った快感をも凌駕するほどの新たな快感が待っています。

目の前に波の斜面が現れ、その斜面を斜め下方向に下って行く…その、大自然が生きて動く感触、その中に身を置く躍動感は、ほかに例えようのない感動です。

こうした経験をすると「もっと数を乗りたい」「もっと長く乗りたい」「もっと大きな波に乗りたい」などの欲が湧いてスキルアップし、上級者になっていきます。

上級者と呼ばれる域に到達するまでは、さらに果てしない道が続くのですが、それを目指すサーファーも少なくありません。

CSC_0812

上級者の進む道に、コンテストに挑戦する、競技者の道があります。

サーフィンのコンテストは、オリンピックのフィギアスケートと同じように、技の難度や完成度で1回波に乗るごとに点数がつけられ、獲得点数の高さで競います。1回の試合は、通常20~30 分。その制限時間内に、高い得点が出る波乗りをした者が勝ち上がる仕組みです。

フィギアスケートと違うのは、2~5 名が同時に登場して戦い、トーナメント方式で勝ち上がっていく点です。さらに、スケートリンクは動きませんが、波は常に動いており、すべての波は、動きも形も違います。

 

また、サーフィンは原則「1本の波に乗るのは1人」とするルールがあり、競技者が、乗る波をいかに獲得するか、その戦略性もみどころのひとつです。

 

サーフィンのコンテストは意外と身近なものです。

日本でも、各地のサーフショップ主催の小規模な大会、ウエットスーツメーカー主催の「ガールズサーキット( http://girlscircuit.com/ )」といった誰もが気軽に参加できるお祭り的な大会から、日本サーフィン連盟主催( NSA/ https://www.nsa-surf.org/ )によるアマチュア・サーファーの選手権や日本プロサーフィン連盟主催( JPSA/ http://www.jpsa.com/ )プロサーファーコンテストがあります。

さらに世界では、世界プロサーフィン連盟( ASP/ http://www.aspworldtour.com/ )主催の、世界のトップサーファー男子48人・女子17人の中から世界チャンピオンを決める WCT ( World Chanpionship Tour )が世界各地で行われ、熱い試合が展開されています。大会のもようはインターネットで生中継されているので、インターネットがつながれば、世界各地の大会を気軽に観戦することができます。

1043857_452039318226248_1585629261_n

バリ島でも、ショップ主催のものから、インドネシアのジュニアリーグ、アマチュア選手権、プロ選手権などがあり、サーフトリップに出かけられた先で見かけることもあるでしょう。今年2013年は、4月に日本のプロサーファーのツアー第一戦が、6月には、世界最高峰をめぐるWCTが行われました。驚くべき技や感服すべき駆け引きの連続で、観客席も大いに沸いたものです。大会のもようは、こちらのブログで詳しくご紹介しておりますので、よかったらご覧ください。Bow’s Surf ブログ 「バリ島でサーフィン!今日の波情報」( http://ameblo.jp/bowssurf

大会で、いろんな選手たちの技や駆け引きを見るのも面白いものですし、実際に出場してみるのも面白いものです。自分のサーフィンに客観的に得点が付けられ、自分のレベルを確認できるいい機会ですし、勝ち上がる面白さもありますので、機会があればぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

 

一方で、サーフィンは、レベルアップばかりが楽しみというわけでもないところが面白いところです。楽しみ方を自分で選べるのが、サーフィンなのです。

サーフィンが、人生を楽しくイキイキしたものにしてくれるのであれば、それが最高のサーフィン・スタイル。

「楽しく波乗りできてハッピーだなぁ~」

そう感じることがサーフィンの本質です。

 

 

みなさんも楽しくいい波乗りを。

Keep Surfing!

Close Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>