top_b_002

Daily Archives: 2013年11月8日

大切なサーフボード選び

こんにちは!Bow’s Surf代表の杉本です。

今回のテーマは道具(サーフボード)です。

サーフィンを体験し、面白いなと感じると、少しずつ道具がそろえたくなるものです。

サーフ・トランクスやラッシュガード、ウエットスーツなど、身に着けるものもそうですが、やはり欲しくなるのはサーフボード。

ことわざに「弘法、筆を選ばず」(「本当の名人は、道具の善し悪しなど問題にしない」)とありますが、初心者~中級者のサーフボードについては、その限りではありません。
自分のレベルに合った物を手に入れると、格段に上達のスピードが違います。
サーフボード選びは、その後のあなたのサーフィン・ライフをもっとも大きく左右する重要なファクターなのです。

2か月の集中トレーニングにやってきた、中級レベルアップコースを受講したY君においても、まさに、サーフボード選びが重要なポイントでした。

Y君がバリ島へ持って来たボードは、最新鋭の非常に面白いボードでした。
すごく短い小さなボードで、素早いテイクオフとクイックなターンが楽しめる、スケートボードランプを楽しむような感覚のボードです。
これを楽しむには、相応のパドル力と、サッとボードに立ち上がった際の足の位置が的確であることが必須。つまり、かなりの上級者にとっては面白いボードで、初~中級者が楽しむには程遠いものだったのです。

110820110821110822

 

そのボードでトレーニングを受講しているY君の姿を見たボクは、初~中級者の上達に最適で、かつ、上級者になってからもずっと楽しめるタイプのボードに変えることを勧めました。

Y君が決断するまでは時間がかかりました。
サーフボードは、高額な買い物だし、購入したボードに対する愛着はひとしおですので、それも当然です。

しかし、彼の、上達したいという希望を、たった2か月で実現させるためには、彼の持ってきたボードでは確実に困難です。
そこで、ボクが持っているボードをレンタルすることにしました。

しばらくボクのボードで練習した後、彼は、上達するのに適したボードを新しくオーダーすることを決めたのでした。

ボクが薦めたのは、シェーパー(ボード制作者)のハンドメイドによる、オーダーメイドのボードづくりです。
コンピューターで製作されるボードも現在では多くありますが、個々に合わせてハンドメイドで削られるボードは、シェイパーの技術と細やかなセンス、そして思いがこもっており、一生愛着を持って乗れる素晴らしいものです。

シェーパーは、タイムリーに、各国での仕事を終えてバリ島に戻って来ていた若手新鋭の Ellis Ericson を推薦し、Y君も快諾しました。

Ellis も快くボクの依頼を引き受けてくれ、Y君がバリ島に滞在中に新しいボードで練習できるよう、最優先で削ってくれました。

 

Y君の現在のレベルや、今回新たに作る目的、サーフィンする場所(場所によって波の特性が異なるのです)等をふまえて、Y君が最も上達し、長く愛用できるボードの形状、サイズをディスカッションしました。

そして、約3週間後、Y君が、現在のレベルから確実にレベルアップし、かつ、長く愛用するの適した、美しいボードができあがってきたのでした。

110823110824
新しいボードを手にしたY君は、毎日早朝から練習に励みました。

そして、ぐんぐん上達し、乗りたい波を追いかけて確実にキャッチできるように上達しました。

110825110826110827 110828110830

サーフボードにも流行というようなものがあるのですが、もしもあなたが早くサーフィンを上手になりたいと思うのなら、流行よりも、自分の目的に合ったボードを選ぶことが大事です。

Bow’s Surfでは、上達したい方のためのボード選びのアドバイスや、お客様に合ったボードのオーダーメイドをお受けしています。
サーフボードの購入を考えられる際は、ぜひお気軽にBow’s Surfへご相談ください。
現在のあなたのサーフィンレベルを診断し、確実にレベルアップできるボードをおすすめします。